HOME > NEWS > INFORMATION,NEWS,OUR PLACES,PRESS RELEASE > アグリホールディングスグループ、神奈川県南足柄市で農場を取得

アグリホールディングスグループ、神奈川県南足柄市で農場を取得

農業・食・健康のソリューションカンパニー「アグリホールディングス株式会社」(所在地:東京都港区・代表取締役:前田一成)の子会社「日本アグリファーム株式会社」がこの春、農業事業に参入。3月25日(水)、神奈川県南足柄市に初の農場を取得しました。

→ PDF:20150406_アグリホールディングスグループ神奈川県南足柄市に農場を取得

日本アグリファーム株式会社は、“未病を治す”をキーワードに地域活性化に取り組む神奈川県の県西エリアにおいて、約60aの農地を借り受け、米、酒米、生薬などを生産予定。神奈川県では「医食農同源」を推進しているものの、県によれば、これまでに生薬生産の事業化に成功した例はなく、県内初の生薬生産・販売の事業化を目指します。また、生薬を使った薬膳料理をはじめ、米を中心とした日本の伝統の食文化の再興に取組み、医食農の連携を実現していきます。

農業においては、生産者の高齢化による耕作放棄地の増大が全国的な課題となっており、耕作放棄地利用による景観保全や雇用創出などによる地域活性化、地域貢献にも取り組むほか、テーマ型農場の運営も展開していき、都市と農村の交流を促進し地域活性化を図ります。将来的には、担い手農家の育成、地元農家との連携による地域産業の活性化にも取り組んでまいります。
生産した米に関しては、シンガポール(アグリホールディングス株式会社の子会社「Samurice」が現地でおにぎり屋を展開)向けに輸出。おにぎりや日本酒の原料となる米の生産を自ら手掛けることによって、商品にストーリーという付加価値を生み出し、国内外での販売につなげてまいります。

アグリホールディングス株式会社とは…
国内・海外において農場の展開や、生産・販売、民間の農業参入のアウトソーシングサービスを展開するFARM & FIELD 、農業における研究やビジネスシーズの事業化を行うRESEARCH & BUSINESS DEVELOPMENT、農産物や日本の食文化等のより高付加価値でスケーラビリティある出口づくりを図るGLOBAL BRANDING。以上3つの事業に取り組む。なお、グループ企業としてシンガポールでおにぎり事業を行うSamurice、日本酒および酒関連産業のブランディング、日本酒の世界でのマーケットを開拓するミライシュハン株式会社を展開。

<PRお問い合わせ先>
アグリホールディングス株式会社 PR担当:藤田敦子
〒107-0062 東京都港区南青山5-4-35-1
Mail: press@agri-hd.com   Tel:090-9846-6091

NEWS OUR PLACES