HOME > NEWS,PRESS RELEASE > アグリHDが小橋工業、ロート製薬、日本ユニシスを 引受先とする第三者割当増資を実施し、総額1.2億円の資金調達

アグリHDが小橋工業、ロート製薬、日本ユニシスを 引受先とする第三者割当増資を実施し、総額1.2億円の資金調達

アグリHDが小橋工業、ロート製薬、日本ユニシスを 引受先とする第三者割当増資を実施し、総額1.2億円の資金調達

〜アグリHDのグローバル・バリューチェーンをフィールドに実証・協業・事業化を推進〜

 

アグリホールディングス株式会社は、小橋工業株式会社、ロート製薬株式会社、日本ユニシス株式会社を引受先とする第三者割当増資を実施し、総額1.2億円の資金調達を行いました。それに伴い、日本及び世界の課題である農業生産の持続可能性、日本の食品輸出及び外需獲得の構造変化、日本食文化の拡大・浸透に取り組み、農業生産から海外の食のグローバル・バリューチェーンを強化してまいります。

【資金調達の目的と今後の展開】

アグリホールディングスは、2015年に株式会社リバネスの出資を受け、パートナーシップ提携をして以降、同社の知識プラットフォームと、アグリホールディングスが持つバリューチェーンを連携させ、農業・食関連の最先端テクノロジーの研究開発や人材育成・事業育成等を行うことを目的とした協業を進めてまいりました。このバリューチェーンをフィールドとして、大学・研究機関、大企業とのアライアンスによる技術実証・サービス導入や、リバネスのシンガポールやマレーシアの子会社と連携し、様々な技術・事業シーズのアジアでの事業化を共同で推進しております。

この度、アグリホールディングスは、日本での農業生産から海外へ食を展開するグローバル・バリューチェーンを強化することを目指して、リバネスのパートナー企業でもある小橋工業、ロート製薬、日本ユニシスとともに、それぞれ関心のあるフィールドでの実証・協業・事業化を推進するために、第三者割当増資を実施致しました。

今回の増資で、アグリホールディングスが目指す(1)日本の農業生産の持続可能性、(2)日本の食品輸出及び外需獲得の産業構造変化、(3)日本食文化の拡大・浸透の実現を図ってまいります。

■ 小橋工業株式会社について
1910年創業、代表取締役社長 小橋正次郎。耕うん爪、トラクタ用ロータリー、トラクタ用代かき機、野菜収穫機など、農業用機械・部品の製造、販売を行う。
http://www.kobashikogyo.com/

■ ロート製薬株式会社について
1899年創業、代表取締役社長(COO)𠮷野 俊昭。創業以来培ってきた医薬品や化粧品などの既存の領域に限らず、2013年からはアグリ事業、レストラン等の食ビジネス、最先端の医療である再生医療に至るまで事業を展開。
http://www.rohto.co.jp/

■ 日本ユニシス株式会社について
1958年設立、代表取締役社長(CEO/CHO) 平岡 昭良。日本ユニシスグループは、60年以上にわたりシステムインテグレーターとして顧客課題を解決し、社会や産業を支えるシステムを構築してきた。この経験と実績をバックボーンに、業種・業態の垣根を越えさまざまな企業をつなぐビジネスエコシステムの中核となり、顧客・パートナーと共に、社会を豊かにする新しい価値の創造と社会課題の解決に取り組んでいる。
https://www.unisys.co.jp/

■ 株式会社リバネスについて
2002年6月設立。代表取締役CEO 丸 幸弘。スタッフ数67名。15名の理工系大学生・大学院生が設立したベンチャー。「科学技術の発展と地球貢献を実現する」を理念に掲げ、研究者・技術者等の知識を組み合わせて新事業を生み出す知識プラットフォームを構築している。
https://lne.st

■ アグリホールディングス株式会社について
日本の地方と海外の食を結ぶグローバル・バリューチェーンを構築し、現在日本、シンガポール、アメリカ合衆国の3ヶ国に展開。農業の生産、流通・輸出、海外での物流や店舗展開と、川上から川下まで機能を持ち、日本の地方産品の輸出プラットフォームとして事業を展開している。
http://agri-hd.com/

【アグリホールディングス株式会社 会社概要】
商 号     : アグリホールディングス株式会社
住 所     : 東京都港区南青山5-4-35
設 立     : 2014年7月
代 表 者   : 前田 一成
資 本 金   : 2億1千万円(平成30年4月23日現在)
事 業 内 容 : 農業と食のグローバル・バリューチェーン事業

◆お問い合わせ先◆
アグリホールディングス株式会社 広報担当
お問い合わせメールアドレス:press@agri-hd.com

NEWS